未分類

C++のvector

投稿日:2018年6月9日 更新日:

vector

  • push_backで登録する変数はヒープ領域に確保される。vector変数の解放で、登録された変数もヒープ領域から解放される。
  • vectorは、デストラクタが呼び出されると、メモリの解放が行われる。スコープを抜ける時、解体の直前で自動的に呼び出される。スコープの中の処理中に要素を削除しても、内部の領域が縮小する事はないが、swap技法を使えば、強制的に領域を切り詰めることは可能。std::vector<int>().swap(v);
  • データが大きめのクラスをvectorに格納する場合、インスタンスをvectorに格納していくと、メモリを確保しなおす場合や、push_backの際にコピーするのに時間がかかっていまう。そこで、インスタンスではなくpointerをvectorに格納しておく方法が良いが、vectorが解放される前に登録したオブジェクトを解放する必要がある。emplace_backを使用することで改善できが、C++11からの機能。
  • イテレータは容易に無効化されます。要素の追加はreserveしていなかった場合にイテレータが壊れる可能性があります。なので、基本的に追加した場合にイテレータが壊れると考えた方が安全です。
  • 要素の追加の際のコンストラクトコストを考えるとemplace_backを使うべきです。
  • NRVOとかmove semanticsがあるので、現代のまともなコンパイラでは参照やポインタを経由せずに返してもコストがありません。move semanticsはC++11から。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:

関連記事

Android開発のTIPS WEBページ 

  スレッドから画面操作 スレッドからUIを操作する編集する メインスレッド以外からのGUI更新 Android 非同期処理についてまとめてみた 別スレッドでキュー管理(Handler, L ...

Oracle文字コード

Oracle文字コードについて ・マルチバイト・キャラクタセット   ・VARCHAR2とNVARCHAR2 CHAR(10) VARCHAR2(10) 10バイト指定。 データベースキャラ ...

C++のTIPS

・それ、ポインタ使わなくてもできるよ:C言語のポインタとC++の流儀 ・【C言語/C++】 配列は戻り値にできない【配列を適切に返す方法】    

RaspberryPiの備忘録

GPIO コマンド 説明 gpio readall GPIOの各ポートの状態を表示 gpio -g mode 14 out gpio -g write 14 0 ピンを出力(out)に設定して、0レベ ...

Red Hat Linux コマンド集

コマンド一覧と説明 コマンド 説明 ls -al ファイルやディレクトリの情報を表示する。 ps -al 端末操作のプロセスを表示する ps -xl 実行しているプロセスを表示する grep -i 文 ...