未分類

RaspberryPiの備忘録

投稿日:2018年4月24日 更新日:

GPIO

コマンド 説明
gpio readall GPIOの各ポートの状態を表示

gpio -g mode 14 out

gpio -g write 14 0

ピンを出力(out)に設定して、0レベルを出力。

BCMピンで指定するときは、-gオプションをつける。

-gオプションをつけないときは、WiringPiのピン番号になる。

   

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:

関連記事

Oracle文字コード

Oracle文字コードについて ・マルチバイト・キャラクタセット   ・VARCHAR2とNVARCHAR2 CHAR(10) VARCHAR2(10) 10バイト指定。 データベースキャラ ...

Xamarin.Formsについて

レイアウトの設定について VerticalOptions / HorizontalOptions プロパティ Xamarin.Forms.Viewクラスの LayoutOptions構造体型 プロパテ ...

Objective-Cについて

  イニシャライザ Objectiv-cにはコンストラクターがありません。 その代わり、オブジェクトをインスタンス化した場合は、直後に init メッセージを送信しなければなりません。 この ...

Objective-Cについて(続)

  セレクタ Objective-C コンパイラは、メソッドを特定する名前をコンパイル時に内部表現に変換します。 この、メソッドの内部表現をセレクタと呼び、メッセージの送受信の裏側では、このセレクタが ...

C言語その他

グローバル変数のstatic属性 グローバル変数にstaticを付けた時のstaticは「静的」という意味ではなく、スコープが「宣言位置からそのコンパイル単位の終わりまで」となる。 第10回目 4大メ ...


プロフィール
管理人です。 業務プログラムに勤しむ人です プロフィール詳細


検索

カテゴリ

アーカイブ