未分類

RaspberryPiの備忘録

投稿日:2018年4月24日 更新日:

GPIO

コマンド 説明
gpio readall GPIOの各ポートの状態を表示

gpio -g mode 14 out

gpio -g write 14 0

ピンを出力(out)に設定して、0レベルを出力。

BCMピンで指定するときは、-gオプションをつける。

-gオプションをつけないときは、WiringPiのピン番号になる。

   

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:

関連記事

Objective-Cについて

  イニシャライザ Objectiv-cにはコンストラクターがありません。 その代わり、オブジェクトをインスタンス化した場合は、直後に init メッセージを送信しなければなりません。 この ...

C#のタスク注意事項

  バックグラウンドタスクで発生した例外 タスクの例外処理に関しては、.NET 4.5で大きな仕様変更が発生している。 バックグラウンドタスクの完了を待機する(awaitキーワードやWait ...

Red Hat Linux コマンド集

コマンド一覧と説明 コマンド 説明 ls -al ファイルやディレクトリの情報を表示する。 ps -al 端末操作のプロセスを表示する ps -xl 実行しているプロセスを表示する grep -i 文 ...

Android開発のTIPS WEBページ 

  スレッドから画面操作 スレッドからUIを操作する編集する メインスレッド以外からのGUI更新 Android 非同期処理についてまとめてみた 別スレッドでキュー管理(Handler, L ...

C++のTIPS

・それ、ポインタ使わなくてもできるよ:C言語のポインタとC++の流儀 ・【C言語/C++】 配列は戻り値にできない【配列を適切に返す方法】