未分類

RaspberryPiの備忘録

投稿日:2018年4月24日 更新日:

GPIO

コマンド 説明
gpio readall GPIOの各ポートの状態を表示

gpio -g mode 14 out

gpio -g write 14 0

ピンを出力(out)に設定して、0レベルを出力。

BCMピンで指定するときは、-gオプションをつける。

-gオプションをつけないときは、WiringPiのピン番号になる。

   

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:

関連記事

C#のタスク注意事項

  バックグラウンドタスクで発生した例外 タスクの例外処理に関しては、.NET 4.5で大きな仕様変更が発生している。 バックグラウンドタスクの完了を待機する(awaitキーワードやWait ...

C++のvector

vector push_backで登録する変数はヒープ領域に確保される。vector変数の解放で、登録された変数もヒープ領域から解放される。 vectorは、デストラクタが呼び出されると、メモリの解放 ...

サロゲート(ペア)について

サロゲート(ペア)について ・文字コードに関する覚え書きと実験 サロゲートペアは補助文字を UTF-16 で表現したものであって,UTF-8 では使いません(禁止されています)。UTF-8 で扱うのは ...

Android開発のTIPS WEBページ 

  スレッドから画面操作 スレッドからUIを操作する編集する メインスレッド以外からのGUI更新 Android 非同期処理についてまとめてみた 別スレッドでキュー管理(Handler, L ...

Xamarin.Formsについて

レイアウトの設定について VerticalOptions / HorizontalOptions プロパティ Xamarin.Forms.Viewクラスの LayoutOptions構造体型 プロパテ ...