Angular2 javascript

クロスドメインアクセスの問題対応

投稿日:2020年4月5日 更新日:

クロスドメインの概要

 

クロスドメインでデータ通信を実現する方法

1.JSONPを利用した対応

 

2.CORS (Cross-Origin Resource Sharing)を利用した対応

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Angular2, javascript

執筆者:

関連記事

Angular-cliにjQueryを導入する

Angular-cliの開発環境でのjQueryの導入方法を説明します。   目次1.Angular-cliの導入2.Angular2のプロジェクト作成3.jQueryのインストール4.jQ ...

Angular2のコンポーネントについての説明

当セクションではAngular2のコンポーネントについて説明します。Angular2はコンポーネント指向なので、いつくかのコンポーネントを作成し、そららのコンポーネントを組み合わせてアプリケーションを ...

lite-serverを使った開発サーバの構築

Lite-Serverのパッケージを使った開発サーバの構築方法を説明したいと思います。開発用のタスクはnpm-scriptsを使用します。 記載した実行環境は以下の通りです。Node.jsのインストー ...

JavaScriptのTips

valメソッド、htmlメソッド、textメソッド .html(): 引数をHTMLとして書き換え。タグが有効になる。 .text(): 引数を文字列として書き換え。タグはエスケープされて無効になる。 ...

SystemJSを使ったWEBフロントエンド開発

当セクションはSystemJSを使ったWEBフロントエンド開発について説明します。JavaScriptをロードするための最も基本的な方法はscriptタグで実現することですが、SPAを構築するフロント ...