Angular2 javascript

クロスドメインアクセスの問題対応

投稿日:2020年4月5日 更新日:

クロスドメインの概要

 

クロスドメインでデータ通信を実現する方法

1.JSONPを利用した対応

 

2.CORS (Cross-Origin Resource Sharing)を利用した対応

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Angular2, javascript

執筆者:

関連記事

ES6のクラス定義について

  概要 JavaScript はプロトタイプベースの言語であり、クラスベースの言語とは異なりクラスというものが存在しませんでした。 プロトタイプを使ってクラスと同等なことを実現するというこ ...

Angularjs2の公式チュートリアルにあるクイックスタートをテストしてみた

Angularjs2の公式チュートリアルにあるクイックスタートをテストしてみました。簡単にAngular2の開発環境を構築して、開発体験を行う事ができました。   目次1.事前準備2.作業デ ...

Angular2のデータバインディングについて

当セクションではAngular2のデータバインディングについて確認してみたいと思います。データバインディングとは、コンポーネント(ロジック部)とテンプレート(WEBコンテンツ/HTML部)との間でデー ...

TypeScriptを使った超簡単なWEBフロントエンドの開発環境を構築する

当セクションではTypeScript、Lite-Serverのパッケージを使った超簡単なWEBフロントエンドの開発環境の構築方法を説明したいと思います。開発用のタスクはnpm-scriptsを使用しま ...

Angular2のプロジェクト作成から開発をしてIISにデプロイまで

当セクションではAngular2のプロジェクト作成し、プロジェクト開発を行い、IISへのデプロイまでを説明したいと思います。 angular-cliでAngular2の開発環境を構築している事が前提と ...