Angular2 javascript

クロスドメインアクセスの問題対応

投稿日:2020年4月5日 更新日:

クロスドメインの概要

 

クロスドメインでデータ通信を実現する方法

1.JSONPを利用した対応

 

2.CORS (Cross-Origin Resource Sharing)を利用した対応

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Angular2, javascript

執筆者:

関連記事

Angular-cliのngコマンドの説明

angular-cliのngコマンドについて説明したいと思います。 コマンド 説明 ng new アプリ(プロジェクト)の雛型を作成します。 ng serve プロジェクトをビルドして、開発用のWEB ...

Javascriptのアロー関数について

  アロー関数 ES2015(ES6)の新構文の一つ 無名関数の省略記法。 無名関数とアロー関数とは完全に等価というわけではないため、取り扱いにはいくつかの注意が必要。 =>(矢)を使 ...

(webpack2)TypeScriptとWebpackを使ったWEBフロントエンド開発

当セクションでは前回の『Webpackを使ったWEBフロントエンド開発』をもとに具体的なプロジェクトを作成して、webpackの機能を把握したいと思います。使用するパッケージはwebpack2になりま ...

Webpackを使ったWEBフロントエンド開発

Webpackとはビルドツールの1つであり、モジュール管理ツールとしての側面も持っています。フロントエンドのビルドツールとしては、他にGulpとGruntなどがありますが、それらの仲間といった感じだと ...

Angular2の開発環境を構築(angular-cli)

Angular2の開発環境をangular-cliで構築して、テストプロジェクト作成して実行テストまでを行います。 当サイトはangular-cliでAngular2を開発します。angular-cl ...