Angular2 javascript

クロスドメインアクセスの問題対応

投稿日:2020年4月5日 更新日:

クロスドメインの概要

 

クロスドメインでデータ通信を実現する方法

1.JSONPを利用した対応

 

2.CORS (Cross-Origin Resource Sharing)を利用した対応

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Angular2, javascript

執筆者:

関連記事

当サイトの環境環境

当サイトの投稿記事の開発環境は以下のように構成されています。 ・OS:Windows7(x64) ・WEBサーバ:IIS(Internet Information Service) ・Node.js ...

Angular-cliにng2-bootstrapを導入する

Angular2の開発でbootstrapを使用するにはng2-bootsrapを導入します。ng2-bootsrapはbootstrapの機能をディレクティブやコンポーネントとして提供してくれます。 ...

angular-cliでプロジェクト作成した主要なファイルを説明

当セクションではangular-cliの「ng new」コマンドで自動作成されたプロジェクトのスケルトンの主要ファイルについて説明したいと思います。angular-cliでAngular2の開発環境を ...

Angular-cliにjQueryを導入する

Angular-cliの開発環境でのjQueryの導入方法を説明します。   目次1.Angular-cliの導入2.Angular2のプロジェクト作成3.jQueryのインストール4.jQ ...

requireについて

  モジュール化(importとrequireの違い) require()とは何か?何が便利なのか 【JavaScript入門】初心者がrequireの使い方で迷った時に読むまとめ! 【No ...