未分類

Xamarin.Formsについて

投稿日:2018年3月17日 更新日:

レイアウトの設定について

VerticalOptions / HorizontalOptions プロパティ
  • Xamarin.Forms.Viewクラスの LayoutOptions構造体型 プロパティ。Viewクラスは、Label や Button、StackLayout や Grid などのすべてのUI要素の基本クラス。
  • 対象コントロール(View要素)のLayout上での配置とサイズ(外枠)の2つに影響を与えます。
  • LayoutOptionsは構造体で、Alignment とExpands の2つのプロパティを持つ。

 

 public LayoutAlignment Alignment { get; set; } プロパティ
  • Center - 中央寄せ
  • Start - 開始点寄せ(横方向であれば Left、縦方向であれば Top)
  • End - 終了点寄せ(横方向であれば Right、縦方向であれば Bottom)
  • Fill - 領域全体を満たす

 

public Boolean Expands { get; set; } プロパティ
  •  親の領域が余った場合、「領域を与えてもらうか?(サイズを拡張してもらうか?)」のフラグ

 

VerticalTextAlignment/HorizontalTextAlignment
  • コントロール中で表示される配置を設定する。
  • Center - 中央寄せ
  • Start - 開始点寄せ(横方向であれば Left、縦方向であれば Top)
  • End - 終了点寄せ(横方向であれば Right、縦方向であれば Bottom)

 

デザイナについて

  • デザイナは、xamlで指定されたContentPageクラスのインスタンスを作成して、レイアウト表示する。
  • xamlファイルを定期的に関して、変更があれば、レイアウトを再表示しようとする。
  • そのため、バイディングしている場合、ContentPageクラスのコンストラクタでバイディングデータを作成している場合、デザイナはコンストラクタで作成したバインディングデータを表示する。しかし、その場合、xamlファイルを変更した場合、デザイナからエラーが発生される。
  • 上記の対応として、バイディングデータの作成処理はContentPageクラスのコンストラクタに記述しない方が良いと思われる。

 

 

 

参考にさせていただいたページ

Xamarin Forms - StackLayoutのVerticalOptions(Expands)について

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

執筆者:

関連記事

Objective-Cについて

  イニシャライザ Objectiv-cにはコンストラクターがありません。 その代わり、オブジェクトをインスタンス化した場合は、直後に init メッセージを送信しなければなりません。 この ...

no image

Linuxの起動時のエラー対応

エラー確認 コマンド 説明  dmesg  システム起動時のメッセージ確認  cat /var/log/messages   ログファイルの確認  cat /var/log/boot.log  ログフ ...

Objective-Cについて(続)

  セレクタ Objective-C コンパイラは、メソッドを特定する名前をコンパイル時に内部表現に変換します。 この、メソッドの内部表現をセレクタと呼び、メッセージの送受信の裏側では、このセレクタが ...

no image

RaspberryPiの備忘録

GPIO コマンド 説明 gpio readall GPIOの各ポートの状態を表示 gpio -g mode 14 out gpio -g write 14 0 ピンを出力(out)に設定して、0レベ ...

C#のタスク注意事項

  バックグラウンドタスクで発生した例外 タスクの例外処理に関しては、.NET 4.5で大きな仕様変更が発生している。 バックグラウンドタスクの完了を待機する(awaitキーワードやWait ...