Angular2 javascript

クロスドメインアクセスの問題対応

投稿日:2020年4月5日 更新日:

クロスドメインの概要

 

クロスドメインでデータ通信を実現する方法

1.JSONPを利用した対応

 

2.CORS (Cross-Origin Resource Sharing)を利用した対応

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Angular2, javascript

執筆者:

関連記事

requireについて

  モジュール化(importとrequireの違い) require()とは何か?何が便利なのか 【JavaScript入門】初心者がrequireの使い方で迷った時に読むまとめ! 【No ...

JavascriptのEventオブジェクトについて

1.function(e) {} の引数eの意味合い 引数eはイベントオブジェクトです。イベントハンドラ、イベントリスナとして設定したコールバック関数が受け取ることができる。 JavaScriptの関 ...

Webpackを使ったWEBフロントエンド開発

Webpackとはビルドツールの1つであり、モジュール管理ツールとしての側面も持っています。フロントエンドのビルドツールとしては、他にGulpとGruntなどがありますが、それらの仲間といった感じだと ...

Angular2のクロスドメインアクセスの問題対応

Angular2のクロスドメインの対応を備忘録としてまとめました。私がAngular2のSPAを開発する時、フロントエンド側がangular-cliで、バックエンド(WEB-API)側がPHP+IIS ...

Angularjs2の公式チュートリアルにあるクイックスタートをテストしてみた

Angularjs2の公式チュートリアルにあるクイックスタートをテストしてみました。簡単にAngular2の開発環境を構築して、開発体験を行う事ができました。     1.事前準備 ...