Angular2 基本練習

Angular2のデータバインディングについて

投稿日:2017年6月29日 更新日:

当セクションではAngular2のデータバインディングについて確認してみたいと思います。データバインディングとは、コンポーネント(ロジック部)とテンプレート(WEBコンテンツ/HTML部)との間でデータ交換を行う仕組みです。コンポーネントが公開している変数やメソッドをテンプレート(HTML)が参照・変更することによって、ブラウザからの入力項目やイベント状況を処理部に伝達する事が可能になります。

説明の前に「ng new」コマンドを実行してプロジェクトのファイルを作成します。当セクションでは、作業ディレクトリの「C:\ng2test」にsample5のプロジェクトを作成します。その後、「ng serve」コマンドで実行テストを行って下さい。コマンドの説明は『Angular-cliのngコマンドの説明』で確認して下さい。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Angular2, 基本練習

執筆者:

関連記事

Angular-cliにng2-bootstrapを導入する

Angular2の開発でbootstrapを使用するにはng2-bootsrapを導入します。ng2-bootsrapはbootstrapの機能をディレクティブやコンポーネントとして提供してくれます。 ...

Angular2のプロジェクト作成から開発をしてIISにデプロイまで

当セクションではAngular2のプロジェクト作成し、プロジェクト開発を行い、IISへのデプロイまでを説明したいと思います。 angular-cliでAngular2の開発環境を構築している事が前提と ...

クロスドメインアクセスの問題対応

クロスドメインの概要 クロスドメインアクセスを理解してWeb APIを楽しく使おう クロスドメイン制約とは javascriptでクロスドメイン対応する場合の覚書   クロスドメインでデータ ...

TypeScriptとSystemJSを使ったWEBフロントエンド開発

当セクションでは前回の『SystemJSを使ったWEBフロントエンド開発』をもとに具体的なプロジェクトを作成して、モジュール管理ツールとしてのSystemJSの機能を把握したいと思います。以前に紹介し ...

Angular-cliのngコマンドの説明

angular-cliのngコマンドについて説明したいと思います。 コマンド 説明 ng new アプリ(プロジェクト)の雛型を作成します。 ng serve プロジェクトをビルドして、開発用のWEB ...