WEB WEBフロントエンド開発

Reactに関するメモ

投稿日:2017年11月18日 更新日:

 

 

1.ReactでComponentのRenderが行われるタイミング

ReactでComponentのRenderが行われるのは以下2つのタイミングのみ

  • stateを更新する(stateは自分の持ち物なので、外部から更新されることはない)
  • 外部からpropsを受け取る

 

2.JSX

Reactの場合、テンプレートの部分もすべてJavaScriptファイル内に書く

  • renderで返すタグは必ず1つのタグの括りで返す。
  • HTML5のタグはすべて使える
  • 必ず一つのルートElement(タグ)から始める必要がある
  • カスタムコンポーネントをタグ名として使える
  • JSX独自の属性がある(key、ref、dangeroslySetInnerHTML)
  • 使えない属性もある
    HTMLの class 属性は、JSXでは className 属性に置き換える
    HTMLの for 属性は、JSXでは htmlFor 属性に置き換える

 

 

3.コンポーネントの切替

 

 

4.アロー関数

    • ES2015(ES6)の新構文の一つ
    • 無名関数の省略記法。
    • 無名関数とアロー関数とは完全に等価というわけではないため、取り扱いにはいくつかの注意が必要。
    • =>(矢)を使って関数リテラルを記述
    • (引数,...)=>{...関数の本体...}

基本構文

//従来の関数式
var fn = function (x) {console.log(x);};

//上記をアロー関数に置き換えたもの
var fn = (x) => {console.log(x);};

//関数の引数が複数ある場合はカンマで区切ります
var fn = (x, y, z) => {console.log(x, y, z);};

//関数の引数が1つのみならば引数部分の丸括弧を省略できます
var fn = x => {console.log(x);};

//引数が無い場合は丸括弧は省略できません
var fn = () => {console.log('hoge');};

 

通常の無名関数との違い

  • thisの参照が関数定義時に決まる(thisの扱いに注意)
  • argumentsオブジェクトを持たない
  • コンストラクタとして振る舞うことはできない

 

5.Stateless Functional Componentsの記述方法

  • Stateless functional components(SFC: 状態を持たない関数コンポーネント)
  • コンポーネントなど機能にはほとんど関係なく、状態を持たない(ステートレスな)シンプルなコンポーネント
  • React v0.14で新たに追加されたシンプルに書けるコンポーネント
  • 関数で書くコンポーネントで、引数でpropsを受け取り、戻り値としてレンダリングしたい要素(DOM)を返すだけのもの
  • 簡単に言えば「DOMを関数の戻り値に書く」だけ

(ポイント)

  • 関数名がコンポーネント名になる
  • 関数名の頭文字を大文字にする
  • return値にJSX(DOM)を書く
  • 関数の引数でpropsを受け取る

 

(JSXを複数行で書く場合)

※引数paramsでpropsを受け取る

 

(変数などを指定する場合)

 

(関数の引数の受け方1)

 

(関数の引数の受け方2)

 

 

 {…param} の意味

コンポーネントの属性をオブジェクトとして渡す事ができる。

 

 

インラインのstyle

  • Reactでは、インラインのstyleは文字列として指定されません。
  • 代わりオブジェクトとして指定され、キーはstyle名がキャメルケース形式にされたもので、 値はstyleの値になり、通常は文字列になります。

 

参考にさせて頂いたページ

覚えておきたいReactの実装でよく使う基本的な構文(書き方)

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-WEB, WEBフロントエンド開発

執筆者:

関連記事

Apache2のモジュール設定

Apache2のモジュール設定について Apache2はデフォルトでGCIモジュール(CGID)が無効になっている。 Apache2のモジュールの有効化/無効化の設定は、a2enmodコマンド(有効化 ...

ReactのJSXについて

    スタイル適用 Reactでは全ページとしては統一感をもったスタイルを適用するとともに、コンポーネントごとにスタイルを指定することが可能 classNameとstyle サー ...

TypeScriptのソールファイル分割

TypeScriptのソールファイル分割の方法についてまとめました   目次1. <reference>によるグローバルモジュールによる方法2.import/exportによる外 ...

Chromeを使ったAngular-cliのオンラインデバッグの方法について

当セクションでは、angular-cliの開発において、ブレイクポイントを設定するオンラインデバッグの方法について説明したいと思います。ChromeのデベロッパーツールによってTypescriptのソ ...

JavaScriptのスコープとモジュールについて

仕様と問題点 JavaScriptにはアクセス修飾子はない。 JavaScriptのスコープは、「グローバルスコープ」と「関数スコープ(ローカルスコープ)」のみ。JavaScriptではスコープ(変数 ...