WEB WEBフロントエンド開発

ReactのJSXについて

投稿日:2017年11月29日 更新日:

 

 

スタイル適用

  • Reactでは全ページとしては統一感をもったスタイルを適用するとともに、コンポーネントごとにスタイルを指定することが可能
  • classNameとstyle サービスを実装するにあたり、基本的なスタイルを独自に定義する。

 

className定義

  • htmlに直接cssを適用する場合、<button class="btn btn-default"> のようにclassを指定する方法が一般的な方法
  • ReactのJSXで定義する場合、classの代わりにclassNameを指定する。 <button className="btn btn-default">のように使用する。

 

インラインのstyle

  • Reactでは、インラインのstyleは文字列として指定されません。
  • 代わりオブジェクトとして指定され、キーはstyle名がキャメルケース形式にされたもので、 値はstyleの値になり、通常は文字列になります。

 

JSX のコメント構文

{/* ... */} または {// ...} という構文でコメントアウトできる。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-WEB, WEBフロントエンド開発

執筆者:

関連記事

no image

Angular2とWebpackを使ったWEBフロントエンド開発

Reactに関するメモ

    1.ReactでComponentのRenderが行われるタイミング ReactでComponentのRenderが行われるのは以下2つのタイミングのみ stateを更新す ...

HTML5についてのメモ書き

FileSystem API     HTML5 FileSystem Explorer Chromeの拡張機能に「HTML5 FileSystem Explorer」というツール ...

Cordovaのメモ書き

  devicereadyイベント   Cordovaのアプリが実行される時、Cordovaが提供しているネイティブ機能をHTML5側からすぐに呼び出せることが出来ない。 Cordovaフレ ...

TypeScriptを使った超簡単なWEBフロントエンドの開発環境を構築する

当セクションではTypeScript、Lite-Serverのパッケージを使った超簡単なWEBフロントエンドの開発環境の構築方法を説明したいと思います。開発用のタスクはnpm-scriptsを使用しま ...