Angular2 開発環境構築

当サイトの環境環境

投稿日:2017年2月20日 更新日:

当サイトの投稿記事の開発環境は以下のように構成されています。

・OS:Windows7(x64)

・WEBサーバ:IIS(Internet Information Service)

・Node.js

・angular-cli

・ng2-bootstrap

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Angular2, 開発環境構築

執筆者:

関連記事

SystemJSのConfig構成について

SystemJSのConfig構成はsystemjs.config.jsファイルで設定される事が多いと思います。今回はAngular2の公式チュートリアルにあるクイックスタートで使用されているsyst ...

Angular2のクロスドメインアクセスの問題対応

Angular2のクロスドメインの対応を備忘録としてまとめました。私がAngular2のSPAを開発する時、フロントエンド側がangular-cliで、バックエンド(WEB-API)側がPHP+IIS ...

Angular-cliにng2-bootstrapを導入する

Angular2の開発でbootstrapを使用するにはng2-bootsrapを導入します。ng2-bootsrapはbootstrapの機能をディレクティブやコンポーネントとして提供してくれます。 ...

angular-cliでプロジェクト作成した主要なファイルを説明

当セクションではangular-cliの「ng new」コマンドで自動作成されたプロジェクトのスケルトンの主要ファイルについて説明したいと思います。angular-cliでAngular2の開発環境を ...

(webpack2)webpack-dev-serverを使ったWEBフロントエンド開発

当セクションでは前回の『Webpackを使ったWEBフロントエンド開発』をもとに具体的なプロジェクトを作成して、webpackの機能を把握したいと思います。使用するパッケージはwebpack2になりま ...