Angular2 基本練習

Angular2のデータバインディングについて

投稿日:2017年6月29日 更新日:

当セクションではAngular2のデータバインディングについて確認してみたいと思います。データバインディングとは、コンポーネント(ロジック部)とテンプレート(WEBコンテンツ/HTML部)との間でデータ交換を行う仕組みです。コンポーネントが公開している変数やメソッドをテンプレート(HTML)が参照・変更することによって、ブラウザからの入力項目やイベント状況を処理部に伝達する事が可能になります。

説明の前に「ng new」コマンドを実行してプロジェクトのファイルを作成します。当セクションでは、作業ディレクトリの「C:\ng2test」にsample5のプロジェクトを作成します。その後、「ng serve」コマンドで実行テストを行って下さい。コマンドの説明は『Angular-cliのngコマンドの説明』で確認して下さい。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Angular2, 基本練習

執筆者:

関連記事

Angular2のコンポーネントについての説明

当セクションではAngular2のコンポーネントについて説明します。Angular2はコンポーネント指向なので、いつくかのコンポーネントを作成し、そららのコンポーネントを組み合わせてアプリケーションを ...

SystemJSを使ったWEBフロントエンド開発

当セクションはSystemJSを使ったWEBフロントエンド開発について説明します。JavaScriptをロードするための最も基本的な方法はscriptタグで実現することですが、SPAを構築するフロント ...

Angular-cliにng2-bootstrapを導入する

Angular2の開発でbootstrapを使用するにはng2-bootsrapを導入します。ng2-bootsrapはbootstrapの機能をディレクティブやコンポーネントとして提供してくれます。 ...

TypeScriptとSystemJSを使ったWEBフロントエンド開発

当セクションでは前回の『SystemJSを使ったWEBフロントエンド開発』をもとに具体的なプロジェクトを作成して、モジュール管理ツールとしてのSystemJSの機能を把握したいと思います。以前に紹介し ...

Angular2のクロスドメインアクセスの問題対応

Angular2のクロスドメインの対応を備忘録としてまとめました。私がAngular2のSPAを開発する時、フロントエンド側がangular-cliで、バックエンド(WEB-API)側がPHP+IIS ...