Angular2 開発環境構築

Angular-cliにjQueryを導入する

投稿日:2017年3月13日 更新日:

Angular-cliの開発環境でのjQueryの導入方法を説明します。

 

 

1.Angular-cliの導入

最初にangular-cliを導入します。angular-cliが未導入の場合は以下を参考にして下さい。
Angular2の開発環境を構築(angular-cli)

 

2.Angular2のプロジェクト作成

作業ディレクトリ(当サイトでは「C:\ng2test」)に、サンプルプロジェクトを「sample3」を作成します。プロジェクト作成は以下を参考にして下さい。

Angular2のプロジェクト作成からデプロイまで

 

3.jQueryのインストール

npmでjQueryのパッケージをローカルインストールします。[--save]オプションを指定して、package.jsonにパッケージ情報を書き込みます。

 

4.jQueryの型定義ファイルのインストール

npmでjQueryのパッケージをローカルインストールします。[--save--dev]オプションを指定して、package.jsonのdependenciesにパッケージ情報を書き込みます。

 

5.angular-cli.jsonの編集

angular-cli.jsonにjqueryのscriptsを追加します。

 

6.動作テスト確認

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Angular2, 開発環境構築

執筆者:

関連記事

TypeScriptとSystemJSを使ったWEBフロントエンド開発

当セクションでは前回の『SystemJSを使ったWEBフロントエンド開発』をもとに具体的なプロジェクトを作成して、モジュール管理ツールとしてのSystemJSの機能を把握したいと思います。以前に紹介し ...

Angular-cliにng2-bootstrapを導入する

Angular2の開発でbootstrapを使用するにはng2-bootsrapを導入します。ng2-bootsrapはbootstrapの機能をディレクティブやコンポーネントとして提供してくれます。 ...

Angular-cliのngコマンドの説明

angular-cliのngコマンドについて説明したいと思います。 コマンド 説明 ng new アプリ(プロジェクト)の雛型を作成します。 ng serve プロジェクトをビルドして、開発用のWEB ...

Angular2のクロスドメインアクセスの問題対応

Angular2のクロスドメインの対応を備忘録としてまとめました。私がAngular2のSPAを開発する時、フロントエンド側がangular-cliで、バックエンド(WEB-API)側がPHP+IIS ...

angular-cliでプロジェクト作成した主要なファイルを説明

当セクションではangular-cliの「ng new」コマンドで自動作成されたプロジェクトのスケルトンの主要ファイルについて説明したいと思います。angular-cliでAngular2の開発環境を ...


プロフィール
管理人です。 業務プログラムに勤しむ人です プロフィール詳細


検索

カテゴリ

アーカイブ