WEB WEBフロントエンド開発

Apache2のモジュール設定

投稿日:2017年12月1日 更新日:

Apache2のモジュール設定について

  • Apache2はデフォルトでGCIモジュール(CGID)が無効になっている。
  • Apache2のモジュールの有効化/無効化の設定は、a2enmodコマンド(有効化)、a2dismodコマンド(無効化)を使用する。

 

Apache2のモジュールの有効化/無効化の

Apache2のモジュールの有効化/無効化の設定は、/etc/apache2/apache2.conf で以下のように設定されている。

  • /etc/apache2/mods-enabled/でシンボリックリンクが設定されているモジュールが有効なモジュールである。
  • /etc/apache2/mods-available/にはインストールされている全てのモジュールの実体があり、有効にしたい場合に/etc/apache2/mods-enabled/にシンボリックリンクを張る事により有効に設定できる。

 

モジュールを有効の有効化

モジュールを有効にしたい場合はa2enmodコマンド実行により、IncludeOptional mods-enabled/*.load 内にrewriteのリンクが存在するうようになるので、Apache2再起動により当該モジュールが有効になります。

 

モジュールの無効化

モジュールを無効にしたい場合はa2dismodコマンド実行によりa2enmodで作成したリンクを削除します。これにより、モジュールの設定がなくなるのでApache2再起動により該当モジュールが無効になります。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-WEB, WEBフロントエンド開発

執筆者:

関連記事

(webpack2)TypeScriptとWebpackを使ったWEBフロントエンド開発

当セクションでは前回の『Webpackを使ったWEBフロントエンド開発』をもとに具体的なプロジェクトを作成して、webpackの機能を把握したいと思います。使用するパッケージはwebpack2になりま ...

TypeScriptのモジュールについて

モジュールについてまとめました。 (内部モジュール) 共通の関数などをグローバル空間に記載したくない場合などに使用する。   (外部モジュール) 別ファイルとして外部にある機能を利用する仕組 ...

Angular2のクロスドメインアクセスの問題対応

Angular2のクロスドメインの対応を備忘録としてまとめました。私がAngular2のSPAを開発する時、フロントエンド側がangular-cliで、バックエンド(WEB-API)側がPHP+IIS ...

SEO対策のまとめ

SEO対策は良く言われるように、(1)クローラーの巡回フェーズ、(2)ページのインデックス登録フェーズ、(3)検索順位決定フェーズの3つのフェーズで考える必要があるようです。SEO対策は様々なWEBペ ...

JavaScriptのスコープとモジュールについて

仕様と問題点 JavaScriptにはアクセス修飾子はない。 JavaScriptのスコープは、「グローバルスコープ」と「関数スコープ(ローカルスコープ)」のみ。JavaScriptではスコープ(変数 ...