WEB WEBフロントエンド開発

Apache2のモジュール設定

投稿日:2017年12月1日 更新日:

Apache2のモジュール設定について

  • Apache2はデフォルトでGCIモジュール(CGID)が無効になっている。
  • Apache2のモジュールの有効化/無効化の設定は、a2enmodコマンド(有効化)、a2dismodコマンド(無効化)を使用する。

 

Apache2のモジュールの有効化/無効化の

Apache2のモジュールの有効化/無効化の設定は、/etc/apache2/apache2.conf で以下のように設定されている。

  • /etc/apache2/mods-enabled/でシンボリックリンクが設定されているモジュールが有効なモジュールである。
  • /etc/apache2/mods-available/にはインストールされている全てのモジュールの実体があり、有効にしたい場合に/etc/apache2/mods-enabled/にシンボリックリンクを張る事により有効に設定できる。

 

モジュールを有効の有効化

モジュールを有効にしたい場合はa2enmodコマンド実行により、IncludeOptional mods-enabled/*.load 内にrewriteのリンクが存在するうようになるので、Apache2再起動により当該モジュールが有効になります。

 

モジュールの無効化

モジュールを無効にしたい場合はa2dismodコマンド実行によりa2enmodで作成したリンクを削除します。これにより、モジュールの設定がなくなるのでApache2再起動により該当モジュールが無効になります。

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-WEB, WEBフロントエンド開発

執筆者:

関連記事

Webpackを使ったWEBフロントエンド開発

Webpackとはビルドツールの1つであり、モジュール管理ツールとしての側面も持っています。フロントエンドのビルドツールとしては、他にGulpとGruntなどがありますが、それらの仲間といった感じだと ...

TypeScriptを使った超簡単なWEBフロントエンドの開発環境を構築する

当セクションではTypeScript、Lite-Serverのパッケージを使った超簡単なWEBフロントエンドの開発環境の構築方法を説明したいと思います。開発用のタスクはnpm-scriptsを使用しま ...

TypeScriptとSystemJSを使ったWEBフロントエンド開発

当セクションでは前回の『SystemJSを使ったWEBフロントエンド開発』をもとに具体的なプロジェクトを作成して、モジュール管理ツールとしてのSystemJSの機能を把握したいと思います。以前に紹介し ...

Chromeを使ったAngular-cliのオンラインデバッグの方法について

当セクションでは、angular-cliの開発において、ブレイクポイントを設定するオンラインデバッグの方法について説明したいと思います。ChromeのデベロッパーツールによってTypescriptのソ ...

JavaScriptのスコープとモジュールについて

仕様と問題点 JavaScriptにはアクセス修飾子はない。 JavaScriptのスコープは、「グローバルスコープ」と「関数スコープ(ローカルスコープ)」のみ。JavaScriptではスコープ(変数 ...